QLOOKアクセス解析
2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.12 (Thu)

病気の事とか

こういう事は別に記事にしなくても
別に良いのかもしれませんが、
わたしに少しでも興味がある方がいる「かも」
しれないので、今更感たっぷりですが
自己紹介ついでに病気のことを話そうかと思います。


「別に興味ない」
「長文読むの面倒臭い」
「暗い話は好きではない」
「会社の汚いやり口とか胸糞悪い話は嫌だ」
という方は読まないことを推奨ですm(__)m


子供の頃から神経質な部分があって、
体調を崩すこともしばしばありましたが、
それなりに学生時代を楽しんで、バンドに熱中し、
楽しい時代を過ごしたと自分でも思っています。

【More・・・】

それがおかしくなり始めたのが、
専門学校に入り就職活動をし始めた頃。

近所の家で、火の着いたままのだるまストーブに
給油しようとしたのが原因の火事に巻き込まれ、
家も燃えました。家自体は半焼でしたが、使い物になりません。
しかも、燃え移りがわたしの部屋からなので、
わたしの部屋は全焼。灰の山になっていました。

当時、バンドは解散状態でしたが
音楽は続けていこうと思っていました。
今までの思い出やそういうものが全て奪われ、
自暴自棄になりながら流されるように就職。

そんな中でも仕事にはある程度の充実感を覚えていました。

しかし、今まで蓄積されてきた心の傷は治っておらず、
所謂「ブラック」と呼ばれる会社に移ってから悪化。

わたしは派遣先への都合の良い当て馬で、
無理難題を吹っ掛けてきては暴言・罵声を浴びせる派遣先と、
自分可愛さに知らん顔してわたしに全てを投げた上司の
板挟みになり、パニック障害を発症。

医師の診断書をもとに1ヶ月療養期間もらいましたが、
療養を承諾しておいて、
「這ってでも出社するのが常識だろ馬鹿野郎」
「治ったからってお前の場所はもうない」
「居場所がないのに働きたいってどういうことだ?お前は馬鹿か?」


所謂、「退職推奨」というやつです。
完全に言葉の暴力です。しかも、わたしに責任があるのならともかく、
派遣先から、わたしがいない間の穴埋めが出来なくて
その責任をどういう形で取らせるか、誰が責任を取るか?
ということで、「わたしを自己都合で退職させる」事で
処理する魂胆だったのでしょう。
(後から先輩がこそっと教えてくれました)

さすがにわたしも理不尽すぎる展開に、
「わかりました、今ここで辞表を書くので
紙とペン持ってきて下さい!!」
と言いました。

向こうからしてみれば「しめしめ」でしょうね。

今でこそ両親とも仲ががいいのですが、
この頃は世間体を気にしていた部分もあり、
わたしが退職したことを知ると…。
まあ、両親も若かったということでこの部分は割愛します。

一度だけ、駅のホームで「このまま自殺しようか」と
思ったことがありました。

こうして、仙台のどこにも居場所がなくなり家にいるだけでも苦しい。
唯一の支えは横浜に住んでいる現在のパートナーです。

「何よりも仕事優先」と父に発言されたので、
同じ職種で横浜の求人に応募し、受かりました。

そして、飛び出すように仙台を出ました。

横浜での生活は、充実していました。
仕事はとても大変でしたが、あの会社に比べると
仕事内容は別としてまあまあの職場環境。

がんばるぞ! と思っていた矢先…。
突然の胸の苦しみ。精密検査の結果、ペースメーカーが
必要なほど、就寝時に心臓の動きが弱まっているとのこと。

ペースメーカーを付けるか否かを判断するため、
1泊入院が必要な更に精密な検査を実施。
結果、異常はなく、極度の疲労とストレスが原因と診断。

そして、その1週間後の朝…。

突然、布団から出られなくなりました。
気がおかしくなりそうな焦燥感、高熱を出しているような
とてつもない倦怠感、そして何故か号泣。

うつ病を発症してしまいました。

以前発症したパニック障害も再び併発し、
さらにうつ病は双極性障害へと進行しました。

それが8年前。

5年かかって、服薬→減薬しながら、
やっと通常の生活が出来るくらいにまで
自分をコントロールできるようになりました。

さて、これからだ!という時に…
たまたま仙台の実家へ帰った日に発生した
東北地方太平洋沖地震。被災。

地震から1年後、つまり2年前から
少しずつ調子を取り戻し始め、
今年の初めから、ボカロ曲の制作という感じで
調子を取り戻してきていたのです。

過去の出来事から人間不信に陥っていましたが、
ボカロ曲制作をキッカケに始めたTwitterで
さまざまな方々と出会い、わたし自身、元気をもらい
さらに「まだわたしは頑張れる」と日々自信をもらっています。


もっともっと書ききれないほど色々あったのですが、
ここまで書いておいてなんですが、音楽ブログですからねw
このあたりで終わりにします。




ちなみに、上記のわたしの想いが詰まった曲が
諸行無常」なんです。



関連記事
スポンサーサイト

タグ : せり 諸行無常

 |  雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://setsuna1994.blog.fc2.com/tb.php/135-0c3747d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。